あなたの手年齢は何歳?ほおっておくと怖い手の老化ハンドケアで解消

ハンドケア 美容

 

手は口ほどに物を言う(正しくは≪目≫です(*_*))、自分の手を見ながら「あ~頑張ってきたなぁ」と自画自賛してます。

そうなんですよね、手のシワ、シミ、荒れが目立っているんです。俗に言う手の老化。まさしくオバサン手です。

 

ほとんどお手入れをしたことがない手、人生もすでに後半戦に入ってます。でもお顔と同じようにやっぱり手もきれいでいたい、そんな悩みにピッタリのハンドクリームを見つけました。私と同じようにまだまだ若々しい手でいたいと思っている方必見ですよ!!

年齢を感じさせない手肌のエイジングケアのために【ナールスロゼ】詳細ページはこちら>>

手は顔より老けやすい?

気が付くと手に視線を送っているという経験はありませんか?こんな感じで手って意外にみられていると思うのです。なのにお顔ほどお手入れをするということはありません。

 

考えてみればお洗濯に、洗い物、外出で紫外線をしっかり浴びている、お顔よりよっぽど酷使していますが、お手入れはせいぜい冬にハンドクリームを塗る程度です。手が老けてしまっても仕方ないですね。

 

テレビ番組で取り上げられて『老け手』という言葉ができたほど、手の悩みを持っている人がホントに多いのだと思います。

 

手の老化対策は?

老け手

手の老化を防ぐには当たり前ですが、ハンドケアがとっても大切です。

 

ハンドケアの基本は保湿

まずは乾燥対策です、手肌の滑らかさやキメを整えるためには保湿が重要になってきます。

手を洗った後や、濡れたときは素早く水分をふき取りましょう、濡れたままだと乾燥の原因にもなります。

 

また、洗い物をするときにゴム手袋を使っていますか?私は使っていません。堂々と宣言してどうするんでしょうね。

 

食器の油汚れを落とすのに、洗剤とお湯で食器を洗っていますが、手肌に与えるダメージは大きいと思います。お湯はお肌の皮脂を落としていしまうので、どうしても乾燥しがちになってしまします。

 

洗い物が済んだらすぐにハンドクリームを塗っていれば、まだ救われていましたが、ハンドクリームのベタベタ感が嫌いで、全く使っていませんでした。ですから手はいつも乾燥しています。

 

手肌の保護を考えると、ゴム手袋を使うことをおすすめします。ゴム手袋はちょっと、という方は一年中ぬるま湯で、水仕事が終わったら、素早くふき取り、ハンドクリームを塗って手肌の保護をしましょう。

 

紫外線対策も欠かせない

紫外線 老化

保湿の次は紫外線対策です。紫外線には人に影響を及ぼす、UVAとUVB、UVCがあります。UVAは身体に及ぼす影響はUVBより少ないと言われていますが、窓ガラスと透過しますから、室内や車内にいても紫外線の影響を受けます。

日焼けや紫外線によるダメージを抑えるために車の運転も一年中手袋が必要なんですね。

 

またUVAは真皮層までと届くのでコラーゲンに影響を与え分泌量が減ってしまいます。コラーゲンがダメージを受ければ肌の弾力やハリがなくなり、シワになりやすいのです。このように紫外線を長時間無防備に浴びることで起きる老化のことを光老化といいます。

 

お年寄のシミやシワは加齢による老化と思われていますが、実はこの光老化が原因ともいわれています。光老化によるシミやシワは、加齢による自然の老化とは違って、ちゃんと紫外線対策をして入れば防げると考えられています。

 

 

老化の原因として自然老化は(加齢による老化)は全体の20%ほどで、80%がこの光老化による

と言われています。

 

老け手対策には紫外線対策も重要なんですね。それにしても光老化って初めて知った言葉ですが、紫外線はやっぱり要注意!!

 

職場の近くに住んでいる女性の方で、外出するときは一年中サングラス、手袋、日傘、首回りもスカーフなどで全身覆っています。彼女のしていることは正しい!ということですね。近くにお手本になる方がいました、勉強になります(^_^;)。

 

血行促進も重要です。手肌が冷え性などで血行不良になると、新陳代謝が悪くなりお肌のターンオバーに影響を及ぼします。その結果。メラニン色素が残ってしまいシミの原因にもなったりします。

 

時々ハンドマッサージをして血行を良くしてあげることで新陳代謝を上げれば、お肌のターンオーバーも正常に機能できればメラニン色素も排出されて、シミを抑えることができますね

 

乾燥や紫外線からの影響も考えて作られたのがナールスロゼなんです。

 

年齢を感じさせない手肌のエイジングケアのために
【ナールスロゼ】詳細ページはこちら>>

 

ナールスロゼ4つの特徴

バラ

1)ナールスロゼに配合されているナールスゲンいうエイジングケア化粧品成分が、手肌の老化に有用に作用してくれて年齢を感じさせないハリと潤いのある手肌に

2)ダマスクローズはじめ5種類のバラの香りでエレガントで贅沢なエイジングケア

3)紫外線にアプローチ

4)安全性にこだわって、着色料・香料・界面活性剤・防腐剤は配合していません。

 

ナールスロゼはエイジングケア化粧成分が配合されているハンドクリームなんですね。当たり前なのですが人の皮膚って頭のてっぺんから、つま先までずーっとつながっていますから、お顔によいものは、当然手に使ってもよいですよね(*^▽^*)。

 

ナールスロゼはかわいいピンクのジェルタイプ、お肌への浸透がよくベタつきがほとんどありません、ダマスクローズの香りがほのかに漂いハンドジェルなのに気分がリラックスできると思います。

 

気になるナールスゲンとは?

この手肌のエイジングケアをサポートしてくれるハンドジェルナールスロゼに配合されている、ナールスゲンという成分が気になって調べてみたんです。

 

このナールスゲンは京都大学と大阪市立大学との共同開発で生まれた、新しいタイプのエイジングケア化粧品成分のようです。ナールスゲンはアミノ酸誘導体、アミノ酸の形に近くて、性質も似ているけれど、どこかちょっと違う成分なのです。

 

ナールスゲンの特徴は自分自身のお肌に備わっている、ハリや潤いのある素肌を維持する力をサポートしてくれることです。また年齢を感じさせない手肌を維持するのをサポートします。

 

コラーゲンやエラスチンを外から与える、ではなくお肌が本来持っている力を引き出し、自ら作り出すことをサポートしてくれるのがナールスゲンなのです。

 

特長としてはお肌の水分量を維持し、表皮の傷の治癒を助ける働き、紫外線による光老化を抑える働きがあります。

 

ナールスゲンの働きを見ても、手肌のハンドケアとして使うことで、年齢を感じさせない手肌、人前で、堂々と手が出せる自信をナールスロゼは取り戻すお手伝いをしてくれると思います。

 

返金保証もありますから、始めやすいですよ。

 

年齢を重ねてオバサン手になっていたとしても諦めるのは早いです。女性は何歳になっても、美しい手肌にあこがれがあり、いつまでも美しいと言われるような手肌でいるためにも、まずは自分でできることをしてみましょう。

【ナールスロゼ】公式サイトはこちら>>
 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました